CentOS6 系でのプロセスの自動起動の設定
2018/11/26 09:00
  • 先日さくらのVPS のサーバーが再起動されて、うっかり apache やら dovecot やらが停止した状態のままという
    事故が起きてしまったので自戒の念を込めてまとめます。(・_・;)


    この自動起動の設定ですが、 run level によって ON, OFF を切り替えることができます。

    サーバー起動時に自動的に起動させたい場合は run level 3 〜 5 が ON になっていればOKです。
    まずはいまの設定を確認しましょう。


    自動起動設定の確認


    $ chkconfig --list mysqld
    mysqld         	0:off	1:off	2:off	3:on	4:on	5:on	6:off
    
    $ chkconfig --list dovecot
    dovecot        	0:off	1:off	2:off	3:off	4:off	5:off	6:off
    
    $ chkconfig --list httpd
    httpd          	0:off	1:off	2:off	3:off	4:off	5:off	6:off
    


    残念ながら apache, dovecot が自動起動設定OFFになっていました。ひどいものですね。(;´∀`)


    自動起動設定

    以下の通り、サーバー起動時に httpd, dovecot を起動するように変更します。


    $ chkconfig httpd on
    $ chkconfig dovecot on
    


    設定完了しました。これでサーバーが予期せず再起動されてもサービスにはほとんど影響しなくなります。

    $ chkconfig --list dovecot
    dovecot        	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off
    
    $ chkconfig --list httpd
    httpd          	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off
    


    人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
    ↑応援よろしくお願いします!m(_ _)m

  • 2018/11/26 09:00
  • サーバー
  • daemon自動起動プロセスhttpdapachecentoslinuxchkconfigrun levelランレベル
  • 新しい記事へ
    [WordPress] FTP ではなく SSH による通信を行う…のも微妙です

    古い記事へ
    [MySQL] データファイルから DB を復元する

profile picture

自己紹介的な何か

@wkmettyでついったーやってます。時々。 6年間勤めたゲーム会社を2018年2月に退職しフリーランスのプログラマに。 WordPress Core, WP-CLI コントリビューター。 お仕事募集中です。